亜鉛の過剰摂取は子供でもありうるコト

亜鉛の過剰摂取は子供でもありうるコト

亜鉛の過剰摂取に、ちょっと敏感になっているあなた!いい傾向だと思います。
亜鉛の過剰摂取をしてしまって、副作用に苦しんだ人に話を聞くと、みなさん揃って言うのが、「副作用があるとは思わなかった」とか、「こんなに辛い思いをするとは知ら無かった」ってことなんです。知っていたら過剰摂取なんてしなかっただろうと思うという人もいます。
ここでも重要なのが、情報をしっかり得ること!なんだな・・・と納得してしまいます。
確かに、他の栄養素については、過剰摂取しても何も起こらないとか、使われなかった分は尿と一緒に出るだけというものもあります。
でも、栄養素もそれぞれ効果が違うのと同じように、副作用も違うんですよね。
ということで、思いこみは厳禁ですよ。
もちろん、自分だけの副作用ばかりじゃなく、子供さんの副作用も考えた方がいいでしょう。
小さな子供がお薬をたくさん飲んでしまったということで救急車が出動することもありますからね。
思春期になると、亜鉛を勉強の補助的な役割として利用することもあると思います。この場合は、子供たちがたくさん飲めば成績が上がる!と勝手な解釈をしないように、思春期の子供さんにも亜鉛を過剰摂取したときの副作用はしっかり伝えておいた方がいいでしょう。